仕事の人間関係のストレスを解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水

仕事のストレスの代表と言えば、人間関係。

上司や部下とのやりとり、お客様への接待、出世競争、嫉妬ややっかみ等々…私たちはストレスフルな人間関係の中で働いています。

仕事の人間関係が苦痛だから、正直仕事を辞めたい…という方も少なくありません。

そこで今回は、仕事の人間関係のストレスを解消する方法について見ていきましょう。



スポンサードリンク


仕事の人間関係のストレスを分析

仕事の人間関係のストレスは、大きくわけて三つあります。

・自分が原因のストレス

・相手が原因のストレス

・両方に原因のあるストレス

このうち、「相手が原因のストレス」「両方に原因のあるストレス」は、あなた一人で悩んでいても決して解決することがありません。

きっぱりと諦めましょう。
これらのストレスはあなたのせいではなく、相手のせいなのです。

これだけでも沢山のストレスを消すことが出来ると思います。

残った「自分が原因のストレス」をさらに二つにわけましょう。

・すぐに改善できるストレス

・改善が難しいストレス

あなたが悩むべきストレスは「すぐに改善できるストレス」のみです。

他はどうせ今すぐにどうすることもできないので、考えなくても大丈夫です!



スポンサードリンク


人目を気にし過ぎない

「嫌われてもいい」という気持ちを大切にしましょう。

「嫌われたくない」という気持ちが強すぎると、緊張で仕事のミスを誘発し、かえって相手に不快感を与えてしまいます。

「嫌われてもいいから、とにかく目の前のことをしっかりとやろう!」と心がけてこつこつやれば、信頼のおける人物に一歩近づけます。

たとえ相手に好かれたところで、それがあなたに直接メリットになることはわずかです。
別に相手が助けてくれたり守ってくれたりするとは限らないのです。
逆に相手に嫌われたところで、それがあなたに直接危害を加えることもわずかです。

極論仕事での人間関係が悪くなったら、転職してしまえばいいのです。

転職できないのであれば、仕事以外の人間関係を充実させるよう努力すればいいのです。

何も仕事での人間関係や評価にこだわり続ける必要はどこにもありません。

他人に期待しすぎない

どこまで期待したところで、他人はコントロールできないのです。

仕事で上手くいかない人がいるのであれば、あなたが変わって折り合いをつけていくしかありません。

それさえ面倒なら、上手くいかない人との関係はそのままで十分。

無理に合わせたところで、よりストレスになるだけです。

自分にメリットのないことに労力を割くのはやめましょう。

無理にランチに付き合わない

お昼休みには皆でランチに行っているという方、正直楽しいですか?

楽しいのであれば構いませんが、無駄に散財してカロリーを摂取しているだけではありませんか?

ランチがなければ繋ぎとめられない人間関係など、所詮その程度なのです。

無理してランチに付き合って維持したところで、お互いの生活を豊かにする関係にはなりえません。

お金のためにも、身体のためにも、心のためにも、無駄なランチ付き合いはやめませんか?



スポンサードリンク


いかがでしたか。

いくら悩んだところで、相手は変わりません。

変えられるのは自分だけです。

必要以上に悩まないことで仕事の人間関係のストレスを軽減させて、より豊かに生きていきましょう。

関連記事