仕事を辞めたい時はうつになる前に休職・退職・転職すべき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
貝殻

仕事を辞めたい…と思っていませんか?

業務の忙しさ、会社の人間関係、給与等、仕事への悩みは尽きないものです。

正直うつになりそうだ…と思っている方は直ぐに仕事を辞めるべきなのでしょうか。

家族の生活やキャリアプラン、仕事上の責任もあって直ぐに仕事を辞めるのはとても難しいですね。

今回は、辛いまま仕事を続けた場合どうなるのか、仕事を辞める場合は休職・退職・転職どうすべきかを見ていきましょう。



スポンサードリンク


仕事を続けていって、うつ病になってしまうとどうなるのか?

現在この記事を読んでいらっしゃる方は、仕事でうつになりそうだ…と思いながらも、まだまだ我慢して仕事を続けていることだと思います。

仕事が辛くても家族の生活やキャリアプランがあって、仕事を辞めることが出来ない状態です。

大事なものがあって仕事を辞めることが出来ないことを踏まえて、仮にこのまま仕事を続けていった場合、どういう状況になると考えられるでしょうか。

辛いのを我慢してうつ状態のまま仕事を続けていれば、当然集中力が落ちて、仕事の生産性も落ちてしまいます。

結果会社や取引先、お客様に迷惑をかけて、仕事に対する自信を失ってしまいます。

仕事に対する自信を失ってしまったことで、さらにうつ状態が酷くなり、集中力が落ちるという悪循環に陥ってしまいますね。

結果として、仕事を続ける理由になっていた、家族の生活やキャリアプランも全部水の泡です。

こうしてみると、うつになりそうなくらい辛い状況を我慢して仕事を続けるメリットはありませんね。

更にうつ状態が酷くなってしまうと、急に体が動かなくなったり、ずっと気分の悪い状態が続いたりして、就業どころではなくなってしまいます。

日常生活を送ることさえ困難な状態です。

ここまで来ると、仕事を続けるどころか、転職して新たに仕事を探すのさえ難しくなってしまいます。
早めに対処することで、こうした最悪の事態を予防することが出来るのです。

会社で責任があるからそう簡単にやめられない…と思っている方もいらっしゃるでしょう。

会社としても、責任ある人が急に来なくなるよりかは、予め退職することが分かっていた方が損害を軽減することができます。

自分のためにも、家族のためにも、会社のためにも、うつ病になるほど辛い状況で仕事を続けるのは辞めましょう。

何より自分をいたわって下さい。



スポンサードリンク


仕事でうつになりそうな時、退職・転職・休職どうすべき?

まず会社に休職制度があるのであれば、積極的に利用しましょう

お分かりの通り、一度手放してしまったステータスを再び手に入れるのは困難です。

復職時に気まずい雰囲気に耐えられるかどうかはともかく、いったん休職して仕事を辞めるべきかどうかじっくり考えましょう。

うつ状態が酷いときは冷静な判断が困難なので、どうするかは休職してから考えるのが得策です。

休職制度を利用できない場合はどうすべきでしょうか。

また急に仕事を辞めてしまうと、経済的にひっ迫することになり、それが原因でさらにうつ状態が酷くなってしまいます。

よほど限界が近い場合でなければ、仕事とは精神的に距離を置きつつ、「急な退職」以外の選択肢を模索するようにしましょう。

職場が変われば働けそうだと思うなら、仕事を続けながら転職サイト等をチェックして、場合によっては転職活動を始めてみましょう。

特に今の職場に不満があったり、自身のキャリアプランに満足いっていない場合は、転職サイトを眺めて新たな道を模索するだけでも元気が出てきます。

以下のような自己啓発本を読んでみるのも良いでしょう。

特に『「天職」がわかる心理学』は、仕事に関する価値観が変わるのでお勧めです。
今の仕事が辛くてつまらなくて当たり前、決して自分の甘えじゃないと救われるようになります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

「天職」がわかる心理学 [ 中越裕史 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/9/6時点)

転職サイトを眺めて転職する気が出てきた場合も、出来れば会社に残って経済的な問題を抱えないようにした状態で転職活動をすることをおすすめします。

仕事と転職活動の並行が難しい場合は、先に転職活動中にアルバイトを決めてしまいましょう。

もしも転職サイトや自己啓発本さえ眺める気にならないという方は、すぐにでも仕事を辞めることをおすすめします。

うつ病で仕事に行けなくなってからではリカバーも難しくなります。

まずは少しでも休んで、しっかりと立て直しできる状態にしましょう。

それが「仕事」です。

どの位辛かったら仕事を辞めるべき?

一般的に「2週間以上抑うつ状態が続いているのであればうつ病の可能性あり」と言われています。

もしも2週間以上抑うつ状態が続いているのであれば、環境を変えないとうつ病になって働けなくなってしまう可能性があります。

急に精神科や心療内科にかかるのはハードルが高いですから、まずは辛い状況を脱却するために出来ることはないか探してみましょう。

仕事を辞めるのは「甘え」なのか?

よく「仕事を○○日で辞めるなんて甘えだ!」という大人がいますが、はっきり言って彼らはただの無責任です。

あなたが彼らの言うとおりに仕事を続けて病気になったとして、彼らはあなたの生活の面倒を見てくれるわけではありません。

結局自分の生活は自分でなんとかしなければならないのです。

無責任な人の発言を気にするよりも、いかに自分の生活をよくしていくか、自分で責任を持って自分で考えていきましょう。



スポンサードリンク


いかがでしたか。

よりよい生活を送るためには、早めに自分をいたわることが大切です。

ストイックに生きた結果、病気になってしまって周りに迷惑をかけては、えらくもなんともありません。

自分をしっかりいたわって、早め早めの行動を心がけるようにして下さい。

関連記事