セロトニンを増やす食べ物やアロマでおすすめは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アロマ

オキシトシンとともに幸せホルモンと言われるセロトニン
セロトニンは精神面に大きな影響を与え、不足すると精神的な病になることもあるとされるものです。
そんなセロトニンを少しでも多く体内に分泌してほしい!
セロトニンはどうやって増えるのか。
その効果のある食べ物やアロマについて、今回は調べてみました。



スポンサードリンク


セロトニンってどんなもの?

ひとことで「幸せホルモン」と言いましても、その働きは一体どんなものなのか、具体的にはよく分かりませんよね。
セロトニンとはノルアドレナリンやドーパミンが働きすぎる(暴走)ことを抑制し、心の安定をはかる働きを持っています。
セロトニンの不足は神経の高ぶりを招き、思わぬ人間関係のトラブルなど、よい影響を与えません。
セロトニンは血液の流れによって全身へと運ばれますが、血液中のセロトニンには血液の止血効果など、血を凝固させる働きを持っていると同時に、血管を収縮させる能力も持っています。
体内で最も多くセロトニンが留まるのは腸内で、その量、なんと全体の90パーセント。
体内のセロトニンのほとんどが腸の中にいます。
血液中には8パーセントがあり、体内を巡っています。
のこり2パーセントは脳内の中枢神経。
驚くことに、たった「2パーセント」というわずかな量のセロトニンによって、心のバランスが保たれているのです。
セロトニンの不足は精神の不安定を招きます。
イライラ・疲れやすい・ぼーっとする・緊張しやすくなる・怒りっぽい・不眠など、これらが長期にわたり改善しない場合、うつ病などの精神疾患を招くことにもなります。
以上のことから、セロトニンをバランスよく分泌していることは、思った以上に大切なことだということが良く分かりますね。



スポンサードリンク


セロトニンが増える!チェックしておきたい食べ物

本題の前にひとつここでご提案。
セロトニンは実は「良く噛む」ことでも分泌されます。
食事の仕方でも分泌されるのですから案外思っているよりセロトニンの分泌はハードルの高いものではありませんね。
是非、食事の際はよーく噛んでお召し上がりください。
さて、セロトニンを増やす効果のある食べ物ですが、これは代表的なものでカレーがあります。
ご存知の通り、カレーには様々なスパイスが使われています。その作用で体、腸が温まり、腸がセロトニンを出して!と脳に命令を送ります。
特にスパイスがふんだんに使われた本格的なインドカレーがオススメ。
カレーに含まれるターメリックは脳に含まれるストレスを軽減したりもしますし、抗菌効果のある唐辛子などは風邪の予防にも効果的で、カレーはまさに健康的な食べ物と言えるでしょう。
そしてセロトニンを増やすにはトリプトファンという成分が必要ですが、このトリプトファンが含まれる食事は以下の通りです。
牛乳やチーズなどの乳製品。
お味噌や醤油、納豆などの大豆製品。
ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類、バナナなどにも含まれます。
毎日の食事の中にうまく取り入れていきたいものですね。



スポンサードリンク


セロトニンはアロマでも分泌される!

リラックス効果のあるアロマセラピー。
セロトニンはアロマでも分泌を促すことができます。
アロマオイルを使ったマッサージが特に効果的ですが、これは「スキンシップでも分泌される」セロトニンの性質を利用したものです。
そしてアロマの香りはセロトニン生産工場「縫線核(ほうせんかく)」を刺激して、セロトニンの分泌を促してくれます。
しかし、良い香りのするアロマならなんでも良いのかというとそうではなく、酢酸リナリルを含むアルマオイルであることがポイントです。
酢酸リナリルを含むアロマオイルは、ラベンダーやベルガモット、クラリセージなど。
どれも高いリラックス効果で良く知られたものばかりですね。
今はアロマの専門店も増えていますし、お店の方と相談して自分の好みの香りを探すのも楽しいと思いますよ。
簡単にアロマを楽しむ方法ですが、
・フットバスにアロマオイルを一滴たらし、フットマッサージをする。
・アロマディフューザーで楽しむなど。
お風呂に少量たらすのも良いかもしれませんが、いずれにせよアロマオイルは少量でも十分な香りを楽しめますので、くれぐれも「入れすぎ」には注意です。

セロトニンを効果的に分泌させるには?

食事やアロマでセロトニンの分泌を促しても、乱れた生活を続けていては意味がありません。
セロトニンが不足するのは現代人のライフスタイルが原因のひとつとされています。
昼夜逆転の生活や、室内で長時間ゲームを続けるなど、太陽の光を浴びない・運動をしないというのは良くありません。
早寝早起きして食事は良く噛む。
太陽の光を浴びて軽い運動をする。
こういったことを続けることで、心身ともに健康な体を手に入れることができるでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?忙しい現代人ですが、「基本は動物の一員である」ということを忘れずに、規則正しい生活を心がけましょう。
階段を使うなどした日常に取り入れられる運動と、規則正しく栄養の偏らない食生活。
太陽の光を浴びて、健やかな精神で毎日を楽しく暮らせるようにしましょうね。

関連記事