ストレス解消法!女性はセロトニン分泌がコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ストレス解消に甘いもの

ストレスの感じ方も人それぞれですが、自分にあったストレス解消法も人それぞれです。

中でも男性と女性の差は無視できません。

脳の構造の違いから、女性は男性と比べてストレスを感じやすいそうです。
そこで、女性に合ったストレス解消法について調べてみました。



スポンサードリンク


女性の方がストレスを貯めやすい理由は?

女性ホルモンの影響を受ける
女性ホルモンは女性の心身に大きな影響を与えます。

ストレスが溜まって疲れてくると、女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスが崩れると倦怠感やうつ状態だけでなく、記憶力の低下、肌のたるみやしわ、抜け毛などのトラブルに原因になります。

ホルモンバランスが崩れることによる心身的症状が原因で、更にストレスが溜まって悪循環になってしまいます。

幸せホルモン、セロトニンの分泌量が少ない
セロトニンは幸せホルモンと呼ばれていて、心の安定に強く影響しています。

女性はこのセロトニンが男性と比較して約52%しかありません。

更に生理前になるとセロトニンが減少するので、精神的に不安定になりがちです。

セロトニンが少ないことはストレスばかりでなく、女性特有の冷え症や便秘の原因にもなっています。



スポンサードリンク


ストレス解消法!女性編

甘いものを食べてセロトニンを分泌させる
女性はセロトニンが少ないので、セロトニンの分泌がストレス解消法のコツになります。

セロトニンは甘いものを食べると分泌されます。

一般的に男性と比べて女性の方が甘党なのは、セロトニンが不足しているからなんですね。

甘いものと言えばカロリーが気になりますが、ストレスこそダイエットの一番の敵です。

いつもより贅沢なスイーツをちょっとだけ食べてストレス解消してみてはいかがですか?

またセロトニンは良く噛むことでも分泌されます。

ストレスが溜まっているからといってやけ食いしたりせずに、美味しいスイーツをゆっくり味わいながら食べた方が効果的です。

朝日を浴びながらウォーキング!

太陽光を浴びるとセロトニンが分泌されます。
日中の太陽光では強すぎるので、午前8時までに太陽光を浴びるのが効果的です。

また単調なリズム運動を行うことでもセロトニンが分泌されます。
続けて15分以上行う必要があるそうです。

朝日を浴びるだけでなく、ウォーキングも合わせて行うことで、ますます効果アップですね!

ストレスが溜まってくると朝起きるのも嫌ですが、たまには早起きしてウォーキングしてみると、気分もすっきりするかもしれませんよ。

愚痴を言ってストレスの原因をはっきりさせる
ぼんやりとストレスを抱えているよりも、ストレスの原因をはっきりさせた方がストレスは軽減されます。

よく学校や職場で女性が愚痴を言い合っている場面がありますが、ストレス解消のために本能的に愚痴を言ってしまっているそうです。

女性は男性と比べて右脳と左脳の繋がりが強く、右脳で「なんとなく」感じているストレスを左脳で言語化することに長けています。

愚痴を言うことは、女性が得意なストレス解消法です。

そうはいっても、友達に愚痴ばかり言っていたら嫌われてしまいますよね。

友達に愚痴を言いたくない場合は、ノートに愚痴を書き出しても同様の効果が得られます。

電車の中でスマホのメモ帳を使えば、隙間時間で上手くストレスを解消することが出来ますね!



スポンサードリンク


以上、女性のストレス解消法についてでした。
ストレスを貯めることはうつ状態の原因になるだけでなく、美しさが衰える原因にもなります。

上手くストレスを解消して、心も身体も美しく保ちたいですね!

関連記事